コンプライアンスへの取り組み

IPSコスメティックスでは組織全体のコンプライアンス意識の昂揚を目指し様々な取り組みを実施しています。

コンプライアンス有資格者試験の結果確認
  1. 一般社団法人全国直販流通協会の正会員になっています
    IPSコスメティックスは一般社団法人全国直販流通協会に加盟し、法定書面の内容や運用方法等についてコンプライアンスに基づいた指導を仰いでおります。また、一般社団法人全国直販流通協会、弁護士はじめ法令に長けた委員の皆様にご協力を頂き、定期的に委員会を開催し、コンプライアンスをテーマにした業務改善について議論が行われています。

    ・コンプライアンス委員会決定事項
    • ア)ダイレクト・セリング講習の開催
      会員の法律知識の取得と販売員としてのモラルやマナー向上を目的とし、全国直販流通協会が実施するコンプライアンス教育「ダイレクト・セリング講習」を開催。
    • イ)コンプライアンスブックの配布
      会員がコンプライアンス意識を持って活動することを目的に、一般社団法人全国直販流通協会監修のもと「コンプライアンスブック」を作成し、全会員に配布。
      2017年2月からは、新規会員登録時に配布します。
    • ウ)会員区分の変更
      従前新規会員登録した人は最初からビジネスの会員として勧誘活動をすることができましたが、コンプライアンス教育の徹底を図る目的で、新規会員は愛用者会員として登録することに変更致します。(2017年2月から)
    • エ)契約時の確認の強化
      従前契約書面の交付は勧誘者に委ねていましたが、2017年2月からは全てのプレミアム会員にIPSコスメティックスから直送します。
      合わせてプレミアム会員の方には、登録後1週間以内に登録の意思、勧誘方法などをオペレーターが電話で確認致します。
    • オ)高齢者の方と契約する際にはご家族から同意書を頂く
      IPSコスメティックスでは、70歳以上の方が商品を購入される際にはご家族のご同意を得ることが重要と考え、ご家族の同意書の、勧誘者へのご提出をお願いしております。
      ただしこの制度は被契約者様のご意向を配慮する為に、努力義務という位置づけで運用しております。
  2. JDSA(公益社団法人日本訪問販売協会)教育指導員資格者による、販社・代理店へのコンプラアンス指導を実施しています
  3. 全国の消費生活センターを訪問
    事業者指導員との意見交換、相談事例を元に会員教育の題材に活用しています。
  4. 一般社団法人全国直販流通協会主催の他、政府・地方自治体主催のコンプライアンスセミナー参加
    事業者が加盟する任意団体のみならず、消費者庁や都道府県が主催されるセミナーに積極的に参加することで、消費者目線でのコンプライアンスについて理解を深め、サービスの充実に活用しています。
  5. 一般社団法人全国直販流通協会が展開されている「賢い消費者育成プロジェクト」に協賛しています
    IPSコスメティックスでは、販売員の教育にとどまらず、消費者の皆様が知識を得るという角度からも、商トラブルの撲滅を目指す一般社団法人全国直販流通協会の主旨に賛同し「賢い消費者育成プロジェクト」の協賛しております。
  6. コンプライアンスの資格者制度
    平成29年5月1日より新規ビューティ会員登録及び、新規プレミアム会員登録時の紹介者となるためには、IPS規定の「コンプライアンス有資格者試験」に合格し、コンプライアンスの有資格者として登録されている事が必須条件となります。

このページの先頭へ戻る