成分情報

化粧品や健康食品に含まれている成分の一般的な効能効果についてご紹介します。(五十音順)
※記載内容は成分特徴となり、製品特徴ではありません

アガリクスプラゼイエキス
腸管で働く善玉菌の餌となる多糖体成分を豊富に含み、キノコ特有の成分β-グルカンという高分子多糖類の含有量が多いのが特徴です。
アスタキサンチン
ヘマトコッカス藻、サケやイクラなどに含まれるカロテノイド色素の一種。βカロチンの10倍、CoQ10の約1000倍もの防御作用を持つことで知られています。
アセチルジペプチドー1セチル
2種のアミノ酸から得られる保湿成分で、お肌のコンディショニング効果があります。
アルテミアエキス
アルテミアとはホウネンエビ、通称シーモンキーとよばれる海洋プランクトンのことで、すこやかなお肌に保ちます。
アルニカ花エキス
キク科の植物・アルニカから抽出されたエキス。抗炎症・保湿・血行促進などの美容効果があるといわれています。
アルテロモナス発酵エキス
メキシコ沖の深海2,600mに生息する微生物アルテロモナス マクレオディから発見された「海のヒアルロン酸」とも言われる多糖類で、お肌をしっとり保湿します。
αリポ酸
日本ではもともと医薬品として使われていましたが、2004年から食品への使用が認められました。もともと体の中にあって食事から摂取された栄養をエネルギーに変える働きのある大切な成分です。
オウゴン根エキス
シソ科の植物・コガネバナから抽出されたエキス。消炎・保湿などの美容効果で知られ、美白やニキビケアなどの目的でスキンケア製品に配合されています。
オリゴペプチドー34
機能性ペプチドの一つで、お肌の保湿、なめらかさを引き上げます。

このページの先頭へ戻る

カミツレエキス
キク科・カミツレの花から抽出されたエキス。タンニン、フラボノイド、精油成分(アズレン)などを含み、保湿やコラーゲン生成促進作用があるといわれます。
ガラクトオリゴ糖
母乳や牛乳に含まれる成分のひとつで、赤ちゃんの身体を形成する上でも欠かせないガラクトオリゴ糖。
善玉菌のひとつであるビフィズス菌を増殖させるための栄養となる働きをします。
キュアベリー
ビルベリーの葉から抽出されたエキス。シワやたるみの発生を抑制する効果が期待されます。
グリチルリチン酸2K
多年草・甘草の根から抽出。抗炎症・抗アレルギー作用があることから、ニキビや肌あれなどのケアに使われています。
コメ発酵液
アミノ酸を豊富に含む、米由来の保湿成分です。
コラーゲン
肌を構成するたんぱく質の一種です。体の中のコラーゲン量は約40%が皮膚に、約20%は骨や軟骨に含まれています。

このページの先頭へ戻る

 
ジャニアルベンスエキス
JANIA RUBENS(ジャニアルベンス)はサンゴモ科の石灰藻で、強力な石灰化作用を持ち、それによって生命必須要素を閉じ込め、自身を保護します。 成長が非常に遅く、様々な微生物の生息場所となり、保護するため、その生育環境において中心的な役割を果たしています。
植物発酵エキス
80種類以上の野菜、果物、穀物、野草を、乳酸菌や酵母菌などで発酵・熟成させたエキスです。
食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、フラボノイドなど、豊富な栄養素を含んでいます。
シラカンバ樹液エキス
白樺の木から抽出され、虫歯予防効果のあるキシリトールの原料として知られています。アミノ酸を豊富に含み、美容・健康効果があるといわれています。
スクワラン
人の皮脂によく似た成分で、肌を乾燥から保護しうるおいを守る保湿成分として知られています。

このページの先頭へ戻る

ツバキ種子エキス
ツバキの種子をオイル圧搾し、種子の殻を熱水抽出したエキス。高い美容効果で知られています。
デュナリエラサリナエキス
緑藻類の一種 Dunaliella salina のエキスで、お肌のコンディションを整えます。

このページの先頭へ戻る

 
発酵乳ケフィア
世界3大長寿地域の1つ、コーカサス地方で生まれた伝統的な発酵乳。
一般的なヨーグルトは乳酸菌1~2種類だけの発酵ですが、ケフィアは多種類の乳酸菌と酵母菌で発酵しています。
腸内環境をすこやかに保つために大切な、善玉菌の栄養となって増殖させる効果があります。
発酵ポリフェノール
複数の植物原料を自然の力でゆっくりと、90日以上かけて発酵させる「3段階発酵熟成」技術で抽出したポリフェノールです。
原料には、大豆、トウモロコシ、キノコに加え、健康素材のゴマと奄美群島・喜界島産のボタンボウフウを使用しています。
パルミトイルトリペプチドー5
コラーゲンの素となるアミノ酸がくっついている脂質で、角質層の保湿、お肌のキメを整えます。
ピクノジェノール
フランス海岸松の樹皮から抽出され、フラボノイド類を豊富に含みます。
フノリエキス
「幻の海藻」と呼ばれる布海苔特有の粘り成分で、肌や髪に吸着して乾燥から保護します。
プラチナコロイド
白金(プラチナ)を2ナノメートル(10億分の2メートル)という極微小粒子に加工し、液体に分散させたもの。あらゆる種類の活性酸素にアプローチするといわれています。
ヘキサカルボキシメチルジペプチドー12
NMF(天然保湿因子)に似た成分で、水分を角質層に引き込むことで保湿力を持続させます。
ホホバ葉エキス
ホホバの葉から抽出されたエキス。チロシナーゼの活性を阻害し、メラニン生成を抑制する作用があるといわれます。

このページの先頭へ戻る

ラミナリアディギタータエキス
北大西洋沿岸に生息するLaminaria digitataという海藻から得られるエキスで、なめらかなお肌に導きます。
レスベラトロール
世界の研究者から注目されている、ブドウに含まれるポリフェノール。抗酸化物質の代表であるカテキンやビタミンEよりも高い防御作用を持つことが知られています。

このページの先頭へ戻る